論文投稿について

(公社)日本口腔外科学会
雑誌編集査読委員会委員長

論文投稿の簡素化ならびに論文査読の円滑化のため、

「 第61巻 第5号 」から、すべての論文は電子投稿になっております。下記「論文の電子投稿のご案内」の電子投稿手順に従ってください。

また、論文の作成は下記「投稿規程および関連資料」をご熟読のうえ、「投稿論文作成の手引き」に従って、「投稿論文および提出書類様式ファイル」を使用し作成してください。

「写真・図のデータ形式の変更」、「Macでのデータ作成について」の追加他

投稿論文作成の手引き

原稿は、A4判用紙1枚につき「26文字×30行」の横書きとします。

電子投稿になり、「表紙」だけのPDFファイルと「和文・英文表題、ランニングタイトルから始まる本文」のPDFファイルが必要になりました。

本文は、下記2.「投稿論文ファイル様式」をダウンロードして作成してください。

原稿は、PDFに変換後紙面に印刷し元原稿と比較してください。PDFファイル内の文字化けなど異なっている点がないこと、26文字×30行になっていることなどを確認し、投稿してください。
短報論文の原稿の長さ、A4判用紙15枚以内は、刷上り5頁以内を超えないための目安の枚数です。15枚を超えても受け付けられることもあります。

1 「投稿論文作成の手引」NEW [PDF]
2 「投稿論文ファイル様式」 [Word]
3 「投稿論文ファイル様式」作成マニュアル [Word]

投稿規程および関連資料

1 「日本口腔外科学会雑誌投稿規程」NEW(2016年9月27日に改正、施行) [PDF]
2 「日本口腔外科学会雑誌への論文掲載における著者のCOI状態の開示について」 [PDF]
3 「医学論文における患者プライバシー保護ならびに研究倫理に関する指針」
(2015.3.24改正)
[PDF]
4 「『日口外誌』用字用語例および統一用語」NEW [PDF]
5 「歯科あるいは口腔外科に関連する国内学会誌略名一覧」 [PDF]
6 「新たな歯原性腫瘍分類(WHO2005)」※1 [PDF]

※1  論文を投稿される方はこの分類によりご投稿ください。
なお、本分類については武田 泰典先生(岩手医科大学歯学部口腔病理学講座)に総説論文をご執筆いただき、雑誌52巻2号(54~61頁)に掲載しております。「J-STAGE(「科学技術情報発信・流通総合システム」(国立研究開発法人科学技術振興機構[JST])」にて公開されておりますので、下記リンクからご覧ください。
リンク(外部サイト):「J-STAGEサイト / 武田泰典, 高田 隆: WHOによる歯原性腫瘍の新たな組織分類とそれに関連する上皮性嚢胞について. 日口外誌 52: 54-61, 2006.」

投稿論文および提出書類様式ファイル

1 「投稿論文ファイル様式」 [Word]
2 「投稿票ならびに投稿前チェックポイント」NEW※2 [Excel]
3 「(様式3)「日本口腔外科学会雑誌などの投稿論文に関わる利益相反(COI)自己申告書」 [Word]
[PDF]
4 「著者ならびに共同著者の誓約書」※3 [Word]
5 「指摘事項に対する回答用紙」※4 [Word]
「指摘事項に対する回答用紙」の記入例 [Word]

※2  責任者の署名・捺印は、必ず講座主任もしくは、それに準ずる責任者がしてください。
※3  本誌に投稿された論文の記載内容に対しての責任を明確にするため、著者ならびに共同著者は論文投稿時に誓約書を提出することが、理事会で承認されました。
それに従い、2014年12月21日の投稿論文から「著者ならびに共同著者の誓約書」の提出が必須となります。2014年12月20日までの投稿論文については、次回投稿時から提出を求めることにしました。
※4  再投稿するときにご利用下さい。

論文投稿システム

論文投稿フォーム入口

以上