【注意】covid-19(新型コロナウイルス感染症)の疑義解釈について

日本口腔外科学会会員各位

社会保険委員会からのお知らせです。
兼ねてよりcovid-19に関する口腔外科疾患の入院前検査における歯科請求について解釈が曖昧となっておりましたが、7月21日付けの疑義解釈で

医科歯科併設の保険医療機関において、当該医療機関の医師がPCR検査を必要と判断し、実施した場合の歯科における取り扱いについて

歯科診療により入院中の患者であって同一の傷病又は互いに関連ある傷病により医科と歯科において診療を行なった場合は、診療報酬請求書(歯科・入院)による請求であっても差し支えない。

との疑義解釈が出ております。会員諸氏におかれましては感染防護に留意され安全な口腔外科医療を安心して行えるよう疑義解釈のお知らせをいたします。

各地域での解釈に齟齬のある場合、この通達文を参考にしてください。
医科標榜をしていない施設でも「医科歯科併設の保険医療機関」、の解釈で医師が常駐していることが必要となります。

日本口腔外科学会社会保険委員会

リンク: covid-19疑義解釈通知