顎のトラブル

あごが小さい

小下顎症(鳥貌(ちょうぼう)(下あごが極端に小さいため、横顔が鳥の横顔と似ている状態))と上顎前突(じょうがくぜんとつ)(出っ歯により下あごが小さく見える)が疑われます。 口腔外科では顎変形症として骨切り術などにより、顔の見た目はもちろん噛み合わせ機能も重視した処置を行っています。一度ご相談ください。

小下顎症

下顎骨の発育が悪く、正常に比べて小さな状態を指します。小下顎症は、発育異常によるものや後天的な原因でも生じますが、先天的にもみられます。

上顎前突症

一般にいう出っ歯のことです。噛んだ際に、上の前歯が下の前歯よりかなり飛び出している状態をいいます。歯が前に極端に傾斜している場合と、上あごの大きさが下あごより大きい場合があります。矯正治療で治る場合もありますが、外科手術が必要な場合もあります。
手術法としては上顎骨切り術をおこないます。
顎の骨を両側から切り上あごの噛み合わせに合わせ位置を移動させます。移動する場所を作るために奥歯を抜く場合もあります。

治療法

小下顎症、上顎前突症についても下顎前突症と同様に矯正科と口腔外科が連携した治療法が必要となる場合が多くあります。現在では骨切り術の他に発育の悪い骨を延ばして変形をなおす(骨延長術)も応用されることがあります。この治療には治療前の十分な診断が重要となりますのでご相談ください。

WordPress Image Lightbox