顎のトラブル

下あごが出ている

下顎前突(かがくぜんとつ)とは受け口のことです。開咬(かいこう)(前歯が噛み合わない状態をいいます)を伴うことが多いです。口腔外科では矯正だけでは治療が困難な場合骨切り術を併用することにより、噛み合わせ機能の回復を行います。ご相談ください。

下顎前突症(反対咬合)

一般にいう受け口のことです。噛んだ際に、上の前歯より下の前歯がとび出してしまう状態をいいます。歯が前に極端に傾斜している場合と、下顎の大きさが上あごより大きい場合があります。矯正治療で治る場合もありますが、外科手術が必要な場合もあります。

治療法

下顎前突症の治療については、矯正科および口腔外科の連携が必要と成る場合が多く、術前矯正治療、外科治療、術後矯正治療から構成されます。治療方針は各症例によってさまざまであり、治療方針決定には術前の十分な診断が必要となります。

WordPress Image Lightbox