歯と歯茎のトラブル

生まれた時にすでに歯が生えていたが・・・

出生時あるいは生後1ヵ月以内に歯が萌出することがあります。このような歯を先天性歯と呼んでいます。

先天性歯の大部分は下あごの乳中切歯部位に出ますが、まれに乳犬歯にみられることもあります。歯自体は正常乳歯のことも前乳歯(過剰歯)のこともあります。先天性歯の多くは自然脱落をおこします。

先天性歯の障害として、授乳のときに母親の乳頭を傷つけて乳腺炎を起こすことがあります。

また先天性歯周囲に歯肉炎が生じたり、乳児の舌下面や舌小帯に潰瘍ができ哺乳障害を起こします。

このような障害のある場合の先天性歯は抜歯の必要がありますので、口腔外科を受診してください。

WordPress Image Lightbox