歯と歯茎のトラブル

「親知らず」について


1)正常に生えてこない
2)時々痛くて、歯ぐきが腫れる

専門的には、第3大臼歯あるいは智歯(ちし)ともいいます。

「親知らず」は一番最後に生えてくる(18~20歳くらいに生えます)ため、生える場所が残されていません。骨の中に埋まったまま出てこなかったり(埋伏歯)、横や斜めに生えてきたり(位置異常)することが多く、完全な形で生えてくる人はまれです。位置異常で不完全に生えた状態のままになったりすると、歯ブラシをしても手入れがしにくく、汚れがたまりやすく、そのためにむし歯になり痛んだり腫れたりすることが多いです。

抜いたほうが良い「親知らず」

1. 智歯周囲炎(ちししゅういえん)

「親知らず」の周囲が腫れて炎症を起こす症状です

2.親知らずの痛みや、腫れがある

親知らずが半分しか頭を出さずそのためにブラッシングが充分にできず、汚れがたまり、う蝕や歯周病になることがあります。また出るスペースがないため歯ぐきに覆われ、そこにばい菌が入って炎症が起きる事もあります。

3.歯並びがおかしい

親知らずが生えてきて手前の歯を押すことにより歯並びを悪くする事があります。

4.手前の歯が虫歯になる

親知らずがう蝕になるとその手前の歯もう蝕になる可能性があります。また、手前の歯の根が親知らずに押されると、押された歯の根が溶けてしまうこともあります。

5.口臭の原因になる

口の中がいつも汚れていて口臭の原因になります。

6.顎関節症になりやすい

上あごと下あごの噛み合わせる歯がどちらかだけない場合は歯が伸びてきて、顎の運動を邪魔して関節が痛くなることがあります。また親知らずの異常な生え方によって歯並びや噛み合わせが悪くなると、顎の関節に負担がかかり、顎が痛い、口が開けにくくなるなどの症状があらわれる事もあります。

親知らずはすべて抜いたほうが良いのか?

親知らずだからすべて抜くとは限りません。親知らずが正常に生えて機能している場合や、奥歯が抜けている場合(ブリッジの土台とする)は一般に抜歯しなくてもよいと思われます。また高齢者や基礎疾患のある場合は抜くかどうかは口腔外科医と充分に相談することをお勧めします。

WordPress Image Lightbox